御幸ホールディングス
News
News Release
株主・投資家の皆様へ
決算広告
Corporate Info
100周年記念サイト
ミユキブランド & Ad.
ミユキ野球教室 TV. CM
MIYUKI Group
御幸毛織
MIYUKI HUNDRED CLUB
アングル・ミユキ
テーラーメイド・MOTS
Tailor of this month
MOTS Interview from MOTS Tailor
Tailor Nakayama
テーラー中山 荻窪店
東京都杉並区天沼3-6-22 
TEL 03-3398-6157
フリーダイヤル0120-161514 
http://www.tailor-nakayama.com
サラブレッドは理学部卒の異色テーラー 「自分の店のこだわりをしっかりと出すことですね。技術的にはパターンにこだわってます」と店主の中山 弘さん。グレーのピンストライプのスーツを上品に着こなし、髭をたくわえたダンディな風貌で穏やかな口調で話す内容には経営者としての誇りと自信が感じられます。現在42才、若手のテーラーとして伝統的なビスポークの服づくりを継承する一方で顧客の獲得・管理などに早くからコンピュータを積極的に導入、活発に店を運営されています。父親がテーラー業界最高峰といわれる高松宮技術奨励賜杯・内閣総理大臣賞受賞の中山勇氏という環境に育ちながら立教大学の理学部卒業し、サラリーマン生活を2年経験してから家業を継ぐというやや異色の経歴が、お店の経営方針に様々な面に反映されています。

パターンへのこだわりと地域密着がショップコンセプト JR中央線荻窪駅北口を出て徒歩で約三分、駅からつづく商店街の一角に「テーラー中山」はあります。ショーウィンドにはメンズ、レディスをディスプレイ、価格を明示し、はじめて訪れたお客様も安心して入れる店作りになっています。店舗面積は約50平方メートル、壁面には生地が効果的に展示され、イメージにあった服地選びができます。商品構成は直縫いのメンズ・オーダー、レディース・オーダー、仮縫い付きのフル・オーダー、さらに職人一人縫い仕立てまで4タイプに分けられ年令、性別に合った幅広いオーダー需要に応えられる構成になっています。そんな「テーラー中山」のショップコンセプトは、パターンへのこだわりと地域密着。
「パターンには自信を持っています、お客様との会話を通じて、どんな服を望んでられるのかを詳しく聞き出し、パターンに落とし込む、まずパターンがしっかりしてなければお客様にご満足いただける服はできません。ホームページにも地元の情報を載せ、リンクもできるようになっています。つねに地域に密着しながら店作りを考えていきたいですね」と、語るようにインターネットを利用した販売にも早くから注目し、実積をあげつつあります。

インターネットは非常に可能性のあるメディア、メール対応が決め手 「98年にホームページを立ち上げ、今年に入って月に数件の受注がありました。ネットを通じて来店されるお客様は他のホームページなどで情報を一生懸命集め、メールの対応で店を選ばれますね。メールは必ずその日のうちに返事を出すようにしています。かなりの知識を持ったマニアックな方が多いというのが印象です。公開するものですからウソがなく、自分の店のこだわりなり得意分野をちゃんと訴えることが大切だと思います」
 最近ではブリティッシュに非常に関心の高い18歳の男性が、ネットで探してビスポークスーツを誂えに来店されたり、20代のお客様がわざわざ京都から、といったケースがあったそうです。人も場所も選ばず、必要な人と人を結びつける、まさにインターネットビジネスを象徴するエピソードです。

第一に服の出来、お礼状、バースデーカードは必須の販促アイテム 「私たちテーラーの間違いは、はじめて服を仕立てられたお客様がすべて同じお店で服を作られると思っていることです。その方がたとえば10着の服をお誂えになるなら、そのうちの1着には必ずオーダーが入ります。10着のうち1着に私の店の服があれば、もう常連のお客様です。そういう方を大切に、長くお付き合いをしていただけるようにすることが肝心ですね」そのための大原則は言うまでもなく「服の出来、それがご満足頂けなければ何をやってもダメですね、」加えて「お礼状、バースデーカードをかかさず出すことをはじめとして、メール対応、DMの発送などきめ細かいフォロー、とくにお礼状、バースデーカードは10年間かかさず続けている必須の販促アイテムです」服作りをコミュニケーションの糸口として、同じように細心の気配りを持ってコミュニケーションを続けていくことが常連のお客様を生み、それは結局オーダースーツの良さ、楽しさを伝えることになる、とのお話は実際にお店の経営でつかんだノウハウだけに説得力があります。またIT革命に代表されるコンピュータ万能の今こそ職人の技と、人と人のふれあいを基本にした服作り=ビスポークの世界が求められるのではないのでしょうか。
Portrait
Portrait
*中山弘氏ご夫妻、レディースは奥様が担当。
Portrait
服地が効果的に並べられた店内
Portrait
メンズ、レディーススーツが展示、JR中央線荻窪駅北口商店街に面したウインドディスプレー。
御幸ホールディングス御幸グループマップお問合せ個人情報保護方針
 
Copyright(C)MIYUKI HOLDINGS CO., LTD. All right reserved.