Order Suit

​世界で一着のスーツがここにある。

​スーツ作りの始まりは対話から。

「Be-spoken」それは話しあう事。

​対話によって生まれる作品、

それがテーラー中山のオーダースーツ

 テーラー中山はオーダースーツの最高峰、「ビスポーク・スーツ」のお店です。ビスポークは「話し合う」という意味の英語「Be-spoken」に由来します。お客様の洋服に対するご要望を丁寧に聞き、ベストな着心地とエレガントさが一体となるよう、ご提案いたします。

01 Basic

​ビスポークの基礎知識

 ビスポーク・スーツとはお客様の一人一人に合わせて採寸、その採寸されたサイズから型紙をおこし、生地を裁断、縫製してつくられたものをいいます。ほとんどの工程が職人の手作業によります。型紙を顧客に合わせて一から作り、生地の裁断、アイロンの熱による加工、大半の部位を手縫いによって成形するため、1着のスーツに対して平均50時間以上の作業時間を要します。

02 Enjoy

”ビスポーク”の愉しみ

 ビスポークは家を作る時と同じだ。3回目でやっと本当のベストフィットが出来上がる。話し合いの時間、自分のスーツが完成していく過程、一針一針を楽しみ、じっくり味っていただきたい。

”ビスポーク”・3つの贅沢

設計する贅沢

 スーツのスタイル、生地選びのような枠組みから、裏地、ボタン、刺繍、ポケットの深さのようなディティールまで、全て話し合って決める事ができます。自宅の設計図を書くようなワクワク感を、ビスポークスーツでご堪能あれ。

​発展する贅沢

 お客様のイメージする一着を、対話を重ね、逸品に仕立てます。一着目をお召しになって、初めて二人で次回作を考えます。「今回よりももっと素敵な物を!」それが中山の進化し続けるスーツ作り。

​芸術を所有する贅沢

 共に考え抜いた設計、職人技による製作、次への発想。中山はお客様と共に作るビスポークスーツを最も身近な芸術作品と考えています。お客様としかできない創造、世界で一着、あなただけのスーツ。他には変え難い贅沢がここにあります。

03 Special

​オーダースーツの一足先に、中山だからできる事

​中山のビスポークスーツ(オーダースーツ)は、一般のオーダースーツとは全く異なります。

オーダースーツ製造の流れ、職人の技量、スーツの各部位へのこだわり、以下で丁寧に説明いたします。

​オーダースーツ完成までの流れ(中山のビスポークスーツ)

​①来店予約 ②丁寧なヒアリング ③生地の選定 ④スタイルを決める。 ⑤採寸を行う。 ⑥デイテールを決める。

 

⑦​デザインを型紙へおこします。 ⑧仮縫いを行う。 ⑨1回目の試着 ⑨試着に基づいて修正します。 

⑩仮縫いをほどき型崩れを防ぐアイロンがけ(地のし) ⑪職人による縫製。 ​⑫仕上がり ⑬次作へのご相談

​一般的なオーダー(イージーオーダー、パターンオーダー)では、⑦から⑩までが省かれます。しかし、より良い作品に仕上げるため、テーラー中山では不可欠と考えています。

テーラー中山の常識

​②丁寧なヒアリング(時間が全てではありませんが、90分間用意しています。)

​③生地の選定(ヒアリングの情報を元に、中山のおすすめを提案いたします。)

一緒に最適な生地を選びましょう。

​④スタイルを決める。(TPOにあった物をご提案いたします。)

​⑦型紙へおこす。(中山では職人がコンピューターで図面を製作します。)

​⑩地のし(お客様が見えない服の内部まで拘る事こそ、プロの仕事と思っています。)

⑪職人による縫製(シルエット、着心地を大事に、日本の職人が一針一針縫い上げていきます。)

​生地へのこだわり

国内最高級服地、御幸毛織の「NAPOLENA」をはじめ、半数は高級輸入服地も豊富に揃えています。

実際に触れて質感を確かめていただきたいので、どの生地も触れていただけるようにレイアウトしています。

職人さんのご紹介

国内最高級服地、御幸毛織の「NAPOLENA」をはじめ、半数は高級輸入服地も豊富に揃えています。

実際に触れて質感を確かめていただきたいので、どの生地も触れていただけるようにレイアウトしています。

​縫製へのこだわり

国内最高級服地、御幸毛織の「NAPOLENA」をはじめ、半数は高級輸入服地も豊富に揃えています。

実際に触れて質感を確かめていただきたいので、どの生地も触れていただけるようにレイアウトしています。

​「ビスポーク・スーツ」とは芸術である。

 仏ではスーツのことを「アール・ド・ヴィーヴル(生活芸術)」と呼んでいます。テーラー中山もビスポーク・スーツをお客様と共に良い作品に仕上げたいと考えています。中山のスーツは美意識のもとにつくられる実用品であり、着る人の個性や人生が反映されることで完成するものではないかと思います。誰の人生にもアール・ド・ヴィーヴルがあり、それが着る人のスーツに宿されたとき、美しさが完成し、最高の芸術作品へと昇華するでしょう。

着る先にあった喜び、それはオンリーワンのスーツを作る事でした。

​テーラー中山・毎日のVゾーン

2019年11月

​来店予約

営業時間:10:00-19:00

​定休日:火曜日